富士通と富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、6月10日、小売業大手のいなげや(遠藤正敏社長)と食品卸業界大手の菱食(中野勘治社長)における店舗在庫最適化(VMI:Vendor Managed Inventory)支援システムを、新たに富士通のデータセンターで運用している菱食の基幹システムの一部として開発し、稼働を開始したと発表した。

 VMI支援システムは、卸による小売の在庫管理を行うシステム。小売が在庫情報を卸と共有し、一定の在庫量になるよう卸が自動的に在庫を補給する仕組み。このシステムによって、いなげやは必要な商品を必要な量、自動的に菱食から補給してもらうことができ、在庫の圧縮と業務の効率化が可能となる。菱食は、いなげやと一丸となって消費者目線の売り場づくりを推進することができる。

 いなげやと菱食は、新業態の店舗「ina21」の市販用冷凍食品とアイスクリーム部門を対象に、練馬東大泉店、杉並桜上水店、練馬中村南店の3店舗で、VMI支援システムの運用を開始。今後、いなげやでは菱食とともに、現在16店舗の「ina21」に、順次VMI支援システムを導入していく予定。