【大連発】6月23日、「2010中国国際ソフトウェアと情報サービスアウトソーシング年会(CSIO)」が中国・大連市内の大連・世界博覧広場で開催された。

 年会前半には、中国政府関係者が「大連ソフトウェアパーク(DLSP)」を中核としたアウトソーシング(BPO)などの現況と今後の成長戦略を語り、人材育成をはじめとする計画的な統一施策を持続的に行うことが告げられた。

 冒頭挨拶に立った胡斌・遼寧省商務部外資司副司長は、「省内のGDP成長率が12%程度だったのに対して、IT産業は30%を超えた。わが国のアウトソーシング発展に向けて人材育成を計画的に進めるための統一施策を策定し、大規模な研修機関と制度を設ける」と述べた。

 続いて同省の王金笛・対外貿易経済合作庁庁長は、「経済特区の瀋陽市や大連市を含め、これだけアウトソーシング産業が集約された場所はない」と語り、アウトソーシング体制を「全面的にグレードアップする」と、大規模な投資を継続すると宣言。また「中国政府からは、年率成長50%以上を少なくとも5年以上続けるよう指導されている」と話した。

 載玉林・大連市副市長は、大連市の代表者として「中国は『世界の工場』から『全世界のオフィス』になる」と、IT企業をはじめ外資系の企業誘致をさらに促進する戦略をとると述べた。

 この日の年会には、国内外のIT関係者約300人が出席。日本からは日立製作所関連者など20人程度が参加している。(谷畑良胤)

冒頭の挨拶で「省内のIT産業は30%成長した」と語る遼寧省商務部の胡・外資司副司長