みずほ情報総研(井上直美社長)は6月24日、「資金決済法対応支援コンサルティング」を7月から本格展開開始すると発表した。

 「資金決済法対応支援コンサルティング」は、同社が金融機関でのコンサルティング実績を通じて蓄積したノウハウを活用し、「コンプライアンス対応(法令・ガイドラインなど)」「ビジネススキーム」「IT・業務プロセス」の3つの視点から、今年4月に施行された「資金決済に関する法律(資金決済法)」への対応をトータルに支援するサービス。

 コンプライアンス態勢構築支援では、各種関連法令や金融庁事務ガイドラインなどで求められる法令等遵守態勢(コンプライアンス対応)に関する態勢整備を支援する。とくに、アンチ・マネー・ローンダリング(AML)対応など、特殊なスキル・ノウハウを要求される分野についても、金融機関での豊富な実績をもとに効果的かつ効率的な支援を行う。

 ビジネススキーム検討では、資金決済法を踏まえた新たなビジネスチャンスについて、マーケティングからビジネススキームの検討まで、幅広いニーズに対して支援する。さらに、IT・業務プロセス整備支援として、コンプライアンスとビジネススキームを両立させる効率的で効果的な業務フローやIT導入について、さまざまな事業内容や業種・業態を対象としたコンサルティングを実施する。