日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は、カナダのHitachi ID Systems(日立IDシステムズ)と「Hitachi ID Management Suite」の販売代理店契約を締結し、6月10日、その中核製品「日立ID特権パスワードマネージャー」の販売を開始する。

 「日立ID特権パスワードマネージャー」は、管理対象システムの特権パスワードを定期的に自動更新するとともに、貸し出した特権パスワードを返却時に自動更新することができる。特権パスワードの開示先を必要な人やプログラムのみに限定する機能や、利用申請/開示/返却を管理するシンプルなワークフロー機能、誰がいつ特権パスワードを入手したのかを記録するロギング機能などを備える。

 販売代理店契約によって、日立システムは「日立ID特権パスワードマネージャー」を「アイデンティティ管理ソリューション」のラインアップに追加し、セキュリティ製品の強化を図る。その他の「Hitachi ID Management Suite」製品に関しても、順次販売していく予定。同社では、「アイデンティティ管理ソリューション」全体で、今後3年間で約10億円の販売を目標としている。