日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は5月25日、金融機関などの企業内で保管・管理している重要文書の持ち出し管理やセキュリティ強化を実現する「ラビニティ 持出管理ソリューション」を5月26日に発売すると発表した。

 「ラビニティ 持出管理ソリューション」は、文書管理システム「ラビニティ」シリーズをベースに顧客に最適な文書の持ち出し管理を提供するソリューション。これにより、「ラビニティ」で保管する重要文書が、適切な承認を得て持ち出されて返却されるまでの台帳管理を徹底できる。

 また、持ち出しの承認業務に必要な申請・審査・承認・却下・引戻し・返却申請・返却審査・返却承認のフローをシステム化することで、適正な承認ルートで承認処理を行ったことを証跡として残し、持ち出し時や返却時の属性情報を保存・管理しておくことができる。履歴情報は、検索画面から複数条件を組み合わせて検索することができ、監査時や棚卸し時の承認履歴チェック作業を効率よく行うことができる。

 さらに、電子ファイルで持ち出す場合には、パスワードや印刷不可設定などのセキュリティを付与したPDFファイルに変換して持ち出すことができるので、情報漏えいのリスクが軽減する。

 同社では、「ラビニティ 持出管理ソリューション」を、金融機関など重要文書の持ち出しを行う幅広い業種に向けて、今後3年間で約15億円の販売を目標としている。