東京大学大学院医学系研究科田口研究室は、7月14日、三井情報(MKI、下牧拓社長)と共同で、大量の質量分析データから生体内脂質分子を一括して自動同定するツール「Lipid Search」の開発に成功したと発表した。MKIは、脂質解析の研究に取り組む製薬メーカーや食品メーカー向けに販売を開始した。税別価格は400万円(初年度年間保守費込)。

 「Lipid Search」は、東大田口研究室が開発した脂質データベースをもとに、MKIがもつ波形解析ソフトウェア「Mass Navigator」を質量分析データの読み込みに利用し、脂質の同定までを自動で行うソフトウェア。核酸や蛋白質だけでは説明できない複雑な生命現象の解明や、メタボリックシンドロームや動脈硬化などの脂質関連疾患の病態解明、病態の進行度や生活改善の指標となるマーカー探索が加速すると期待されている。

 今後は、解析対象(グリセロリン脂質、スフィンゴ脂質、グリセロ脂質以外の脂質)を拡張し、試料間の多変量解析機能を加えることで、脂質の統合的な解析ができるリピドミクスプラットフォームを構築する予定。