三井情報(MKI、下牧拓社長)は、法人向け「FMC(Fixed Mobile Convergence)ソリューション」による法人市場の事業拡大に向け、ティーガイア(宮崎重則社長)と販売提携する。

 今回の販売提携により、両社がこれまで法人向けに個別で展開してきた「FMCソリューション」を相互に提供し合うことで、法人市場における両社のシェア拡大を目指す。具体的には、MKIが培ってきた法人向けIPテレフォニーシステム構築ノウハウと、国内最大の携帯販売会社であるティーガイアの得意とするモバイル端末販売手法を組み合わせた「FMCトータルソリューション」を、両社がもつ各々の幅広い業種の顧客に向けて提供していく。

 FMCとは、固定通信と移動通信の融合を意味する言葉で、IP電話やブロードバンドインターネットといった固定電話回線を使った通信と携帯電話を融合させたサービスを指す。モバイル端末通信コストの削減などに貢献する。