NEC(遠藤信博社長)が7月28日に発表した2010年度(2011年3月期)第1四半期の連結決算は、売上高が6675億円(前年同期比14.2%減)と減収になったものの、営業損益が232億円の赤字(前年同期は400億円の赤字)と、赤字幅が縮小した。経常損益は405億円の赤字(同450億円の赤字)で、最終損益が431億円の赤字(同338億円の赤字)だった。

 減収は、半導体事業を手がけていたNECエレクトロニクスが連結子会社でなくなったことに加え、通信事業者などへのビジネスである「キャリアネットワーク」が不調だったことが原因。しかし、不採算事業だった半導体を切り離したことで、営業損益で赤字幅が縮小した。

 経常損益は、持分法による投資損失を計上したものの、営業損益の改善で前年同期より改善。最終損益については、特別損失として半導体事業再編に関わる持分変動損失の計上で、前年同期より悪化することになった。

 セグメント別にみると、ITサービスはユーザー企業によるIT投資抑制の継続で売上高1612億円(前年同期比3.8%減)と減収で、売上減やクラウド関連の投資増で営業損益は57億円の赤字(前年同期は6億円の赤字)と、赤字額が膨らんだ。キャリアネットワーク事業は、国内でNGN投資一巡、海外で海洋システムの契約遅れなどが発生し、1168億円(同17.6%減)と大幅に下がり、その影響で営業損益が60億円の赤字(同5億円の黒字)になった。

 一方、プラットフォーム事業は、仮想化によるシステム統合ニーズでソフト販売が堅調だったことや、IAサーバーの販売増、企業内ネットワークのリプレースが緩やかながら出てきていることなどによって、売上高が800億円(前年同期比8.3%増)と増収となり、売上増の効果で営業損益は44億円の赤字(前年同期は141億円の赤字)と改善した。

 パーソナルソリューション事業は、モバイターミナルは不振だったが、PC販売で上位モデルが売れたことで売上高が1935億円(前年同期比0.7%減)と微減にとどまった。しかし、クラウド端末「LifeTouch」など新しい製品の開発費用が増加したことで、営業損益は4億円の赤字(前年同期は93億円の黒字)だった。

 通期連結業績は、売上高3兆3000億円(前年度比7.9%減)、営業損益1000億円の黒字(同96.4%増)、経常損益700億円の黒字(前年度は200億円の赤字)、最終損益150億円(同360億円の赤字)の見込みという期初発表の予想を修正していない。小野隆男・取締役執行役員専務は、「各セグメントでは、予想に反して厳しい状況もあったが、上期と通期の業績予想達成に向けて順調にスタートを切った」としている。

010年度の順調なスタートをアピールする小野専務