NEC(遠藤信博社長)は、6月16日、中近東・アフリカ地域の事業体制を強化するため、11日付でトルコに新会社「NEC Telecommunication & Information Technology Ltd」(黒崎裕伸社長、イスタンブール)を設立したと発表した。

 新会社は、EMEA地域(欧州、ロシアCIS、中東、アフリカ)を統括するNECヨーロッパ社の傘下で、中近東・アフリカ市場向けの事業を推進する。現イスタンブール駐在員事務所の営業機能を拡大し、販売法人化してこれまでのノウハウや過去の実績を生かし、現地営業と技術部隊が一体となって展開する。

 NECは1960年代、初めてトルコへ衛星通信システムを納入して以来、主要通信機器ベンダーと超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK」などを納入した実績がある。トルコでは98年の携帯電話市場の開放で、09年末時点での加入者が約7000万人を超えた。「PASOLINK」はトルコの通信キャリア3社すべてが採用し、トップシェアを維持している。