グレープシティ(馬場直行社長)は8月2日、Visual StudioでOCRアプリケーションを短期間に開発できるコンポーネント「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」の「トライアル版お試しキャンペーン」を開始したと発表した。

 「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」は、FAXやスキャナから読み込んだ文章画像などに含まれる文字を認識してテキストデータ化するコンポーネント。精度の高いOCR認識に不可欠な画像処理機能と画像表示用の多彩なユーザーインターフェイスを備え、複雑なアルゴリズムを学習をしなくても短期間でOCRアプリケーションを開発することができる。

 「トライアル版お試しキャンペーン」は、この「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」および各種のプラグインがセットになった「LEADTOOLS 16.5J Document OCR with Plug-Ins」のトライアル版を申し込んだユーザーを対象とする期間限定割引キャンペーン。12月2日までに同社Webサイトからトライアル版を申し込むと、1開発ライセンス(ダウンロード版)を標準価格の約25%OFFで提供する。

 キャンペーン価格は、「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」が1開発ライセンス42万円(標準価格56万7000円)、「LEADTOOLS 16.5J Document OCR with Plug-Ins」が1開発ライセンス54万6000円(標準価格75万6000円)。