グレープシティ(馬場直行社長)は1月14日、.NET Framework用コンポーネントスイートの新バージョン「ComponentOne Studio Enterprise 2010J」を2月10日に発売すると発表した。また、プラットフォームを限定した3つのエディション「for Windows Forms 2010J」「for ASP.NET 2010J」「for Silverlight 2010J」も同時に発売する。

 「ComponentOne Studio Enterprise」は、業務システムに不可欠なグリッド、チャート、帳票に加えスケジュールやフォームデザイン、各種のナビゲーションなど優れたUXを構築するコンポーネントをプラットフォームごとに数多く収録したスイート製品。新バージョンでは、急成長するRIA市場を考慮し、新たにSilverlightコンポーネントを収録したほか、ASP.NETコンポーネントの大幅な機能強化を行った。また、WPFやWindowsフォーム用コンポーネントでもグリッドやチャート、帳票の強化や表現力向上などさまざまな機能を追加している。

 価格は、前バージョンからさらに引き下げを行い、「ComponentOne Studio Enterprise 2010J」の1開発ライセンスパッケージ価格で19万9500円と優れたコストパフォーマンスを実現。また、各エディションの価格は、「for Windows Forms 2010J」が14万7000円、「for ASP.NET 2010J」と「for Silverlight 2010J」が11万5000円となっている。このほか、収録コンポーネントのうち「TrueChart for Windows Forms」、「TrueChart for ASP.NET」および「FlexGrid for Windows Forms」については、単体製品として新バージョンを発売する。

 なお、新バージョンは「Visual Studio 2010」への対応を表明しており、「Visual Studio 2010」の日本語版リリース時、新コンポーネント追加時にはアップデート版を無償で提供する。さらに、1月27日のトライアル版公開時から既存ユーザー向けのバージョンアップキャンペーンを開始する予定。