日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、リソースオンデマンドサービス「BusinessStage ROD」に、ITリソースのスケール(利用量)を自在にコントロール可能な「スケーラビリティモデル」を追加し、8月18日から提供開始した。

 「BusinessStage ROD」は、ITシステムの全体最適を実現するビジネスクラウドサービス「BusinessStage」のIaaS型サービス。今回の「スケーラビリティモデル」では、顧客ごとに用意するセルフポータル画面(Web)から仮想サーバーの生成(スケールアウト)やサイズ変更(スケールアップ)などを、顧客自身が自在にコントロールすることができる。また、仮想サーバーへのシステムインストールも、顧客自身がリモート環境から実行できる。インストールする際に必要なCDメディアファイルを保管するストレージも、無償で提供する。

 なお、同サービスは、仮想化ソフトウェアとして「VMware vSphere」を活用しており、業界に先駆けて仮想化ソリューションに取り組んできた実績と、長年にわたり蓄積した運用管理技術・ノウハウを生かして提供する。

 価格は、Microプランが月額8190円/台、Smallプランが月額1万6170円/台、Mediumプランが月額2万4780円/台、Largeプランが月額4万1790円/台。同社では、今後も「BusinessStage」を構成するサービスのラインアップを強化するとともに、日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」のひとつとして「BusinessStage」を積極的に展開し、11年度に100億円の売り上げを目指す。