ニュース

EMCジャパンと丸紅情報、バックアップ製品でパートナー契約

2010/09/01 10:17

 EMCジャパン(諸星敏男社長)と丸紅情報システムズ(小川和夫社長)は、9月1日、EMCのパートナー販売支援プログラム「Velocityプログラム」契約を締結したと発表した。丸紅情報は、第1弾としてEMCの重複除外バックアップソフト「EMC Avamar」の販売を開始するほか、将来はミッドレンジ製品を取り扱い製品に追加していく。

 丸紅情報は、米EMCが2009年に買収した旧Data Domain社と07年に一次販売代理店契約を締結し、通信業や製造業、ゲーム業、金融業、流通業を中心に現在の「EMC Data Domain」を販売した実績をもつ。丸紅情報は今回の契約で、「Data Domain」とバックアップクライアント側で重複データの除外を行うソフト「Avamar」の2製品を取り扱うことが可能になった。
  • 1

関連記事

EMCジャパン 諸星俊男社長

EMCジャパン 販社の意欲を高める戦略打つ

EMCジャパン 「Celerra」を中堅企業へ 販社との協業で開拓策を練る

デジタルアーツ、カスペルスキーや丸紅情報とセキュリティ製品で協業

【2010年 年頭所感】 丸紅情報システムズ

外部リンク

EMCジャパン=http://japan.emc.com/

丸紅情報システムズ=http://www.marubeni-sys.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>