ネクスト・イット(仲西敏雄代表取締役)は、独アスタロー製の統合型セキュリティ(UTM)ゲートウェイ製品「Astaro Security Gateway(ASG、アスタロー セキュリティ ゲートウェイ)のオプション製品「Astaro RED 24時間365日サポート標準バンドル版」を発売した。市場想定価格は、初年度サポート費用込みで5万円以下。

Astaro REDイメージ図

 ネクスト・イット(仲西敏雄代表取締役)は、独アスタロー製の統合型セキュリティ(UTM)ゲートウェイ製品「Astaro Security Gateway(ASG、アスタロー セキュリティ ゲートウェイ)のオプション製品「Astaro RED 24時間365日サポート標準バンドル版」を発売した。市場想定価格は、初年度サポート費用込みで5万円以下。

 「Astaro RED」は、VPN回線接続の専用機器。「ASG」を中央に置き、拠点に「Astaro RED」を置くことで、拠点でのセキュリティポリシーの一括管理を実現する。「ASG」は、ソフトウェア、バーチャルアプライアンス、ハードウェアアプライアンスから選択できる。

 拠点に「ASG」を設置する必要がなく、低価格で企業全体のセキュリティを確保することができる。山本敬史ネクスト・イット営業推進本部部長は、「UTMは後発だが、低価格を売りに、他者製品のリースアップを迎える企業の乗り換え需要を取り込み、新しい風を吹き込みたい」と意気込む。

 「Astaro RED」は、「24時間365日サポート」を標準でバンドル。1年保証の「Astaro RED 24時間365日サポート標準バンドル版」、2年保証の「Astaro RED 24時間365日サポート標準バンドル版(2YPAK)」から選択できる。また、延長保証のメニューとして「Astaro RED 1年間延長交換保証」を用意した。

 ネクスト・イットは、データセンター(DC)を中心に製品の拡販を進めている。価格競争が激しくなっていることから、DCでは付加価値サービスを展開できる製品が求められている。今年に入って引き合いが伸び、すでに仮想DCでサービスを展開しているという。

 このほか、多拠点展開の企業など、スケールメリットのあるユーザーを開拓し、初年度(2011年3月期)で200台の販売を目標としている。