リスペクトシステムズ(廣田敬一代表取締役)は、小型ICタグリーダーを使った警備巡回記録システム「パトラスト」が、愛媛県松山刑務所の拘置支所をはじめ5県、16か所での導入が決定したと発表した。

 「パトラスト」は、警備巡回などの現場に設置した小型ICタグを端末で読み取ることで警備員(巡回者)の巡回記録を取り、管理するシステム。報告書を簡単に作成することができ、ルートと時間を設定しておけば、巡回しなかった場所や時間通りに巡回しなかった場所を簡単に把握することができる。また、携帯電話を利用した場合その場でサーバーに巡回記録が送信され、リアルタイムでの管理が可能。国立極地研究所や地方自治体の公共施設などでの採用が増加している。

パトラスト専用リーダー

パトラスト管理画面