タンベルグデータ(松澤正芳代表取締役)は、2003年に発売した記憶容量140GB(2:1圧縮時)、記録速度43.2GB/時間(同)の小型テープ装置「SLR140」の内蔵ドライブを、期間限定で再発売した。

 「SLRシリーズ」は、高信頼性・低故障率のリニアレコーディング(固定ヘッド方式)を採用したテープ装置で、1.2GBの「SLR5」から140GBの「SLR140」までをラインアップし、各世代ごとに下位互換性をもつ。

 「SLR140」は、データエンコーディング技術やデータ圧縮技術「インライン・コンプレッション」や「2バンプ4チャネル薄膜MRヘッド」など、SLRシリーズで実績のある技術を採用したテープ装置。今回、過去に「SLRシリーズ」でバックアップをしたデータ資産を再利用したいという問い合わせが多いことから、「SLR7」以降のドライブに対して下位互換のある「SLR140」を再販売することにした。

 税別価格13万5000円。プライム(バックアップメディアONLINE)と報映産業を通じて、11年3月31日まで販売する予定。なお、在庫終了の場合は、早期に販売を終了する可能性がある。