ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也社長)は10月27日、アクシスコミュニケーションズ(アクシス、永久茂社長)と、PoE給電可能なスイッチの販売提携を強化すると発表した。

 今回の販売提携により両社は、急増する国内でのIP監視カメラ設置のニーズに応える体制を整備する。ネットワークカメラ市場で高いシェアと製品ラインアップをもつアクシスと、SMBネットワーク製品で実績をもつNETGEARが協力することで、急激に拡大するアナログ監視システムからデジタル監視システムへの更新の需要に対応していく。

 アクシスとNETGEARでは、今回の販売提携の第一弾として、両者共通の販売代理店であるダイワボウ情報システムを経由して、10月27日から販売キャンペーンを開始した。キャンペーンでは、NETGEARのPoE給電対応スイッチ3機種(GS110TP、GS108P、FS108P)と、アクシスのネットワークカメラ4機種(M11シリーズ)を組み合わせたセット商品を12月末まで販売する。