リンク(岡田元治社長)とエーティーワークス(伊東孝悦社長)は、11月12日、共同展開するサーバーサービス「at+link」で、ソーシャルアプリケーション向けサービス「at+link アプリプラットフォーム」を11月17日から開始すると発表した。

 「at+link アプリプラットフォーム」は、ソーシャルアプリの運用に最適化した専用サーバーパッケージ。アクセスが急増した際のサーバー追加は90分以内と、専用サーバーでも迅速に処理能力の増強を図ることができる。

 データベースには、Fusion-ioが開発するSSD「ioDrive」を搭載し、超高速なディスクI/Oを可能にした。データベースを1台のサーバーに集約しても、ソーシャルアプリの運用に十分な速度が出るので、複数のサーバーでデータベースを分散処理する必要がない。

 機会損失につながる可能性のあるウェブ応答速度も標準で監視。HTTPアクセスに対して、一定時間タイムアウトが続くとプロバイダからペナルティを受けるというソーシャルアプリ特有の機会損失を監視することで、早めの対策ができる。

 価格は、初期費用は無償で、月間利用料は31万5000円から。サーバー追加時の料金は、Web/Appサーバーが日割り1050円、DBサーバー(ioDrive搭載)が日割り5250円、DBサーバー(ioDrive非搭載)が日割り3150円。