リンク(岡田元治社長)とエーティーワークス(伊東孝悦社長)およびインフォリスクマネージ(髙久勉社長兼CEO)は、共同でGumblar(ガンブラー)によるウェブサイトの改ざん被害調査と、その後の継続的な改ざんチェックをセットにした新サービス「Gumblar Watch」を2月25日から提供開始すると発表した。

 「Gumblar Watch」は、ウェブサイト全体の改ざんを一度に調査できる「Gumblar改竄被害調査」と、改ざんの有無を継続的にメールで確認できる「改竄チェッカー」を同時に提供することで、“今”と“これから”の改ざんリスクに対応するサービス。

 「Gumblar改竄被害調査」では、セキュリティ診断技術者の目で、FTPサーバーのアクセスログとHTMLファイルのスクリプトタグを調査し、Gumblar被害の有無を診断する。300ページ以内のサイトなら約4営業日で診断が可能。万一、被害の可能性が認められた場合は、具体的な対策を含む診断結果を提出する。オプションで、HTMLファイルの差分検出や、不正侵入を防止するためのコンサルティングも実施する。

 「改竄チェッカー」では、Gumblar改ざん被害調査を行うと同時に、調査対象サーバーに改ざん監視プログラムを設置し、継続的にチェックを行う。追加・更新・削除されたファイルをすべて検出し、メールで通知。サイト管理者の身に覚えのないものを改ざんとして識別可能なため、なりすましによる改ざんも防止できる。サイト管理者は、メールを確認するだけで、運用面での負担を最小限に抑えつつ、精度の高い改ざんチェックを継続することができる。

 価格は、「Gumblar改竄被害調査」が52万5000円。調査対象は、HTML300ページ以内で、300ページを超える場合は別途見積もりとなる。「改竄チェッカー」は無償で提供する。なお、4月には、ブラウザ上で更新情報が管理でき、より効率的な運用が可能な「改竄チェッカー」有償版を月額7350円で発売する予定。