丸紅(朝田照男社長)は、12月1日付で、同社が保有する大手ディストリビュータの丸紅インフォテック(天野貞夫社長)の全株式を、米国の部材卸やビジネスプロセスサービス大手のSYNNEXグループに譲渡する。これによって、丸紅インフォテックは「シネックスインフォテック」に社名を変更する予定だ。

 新会社の代表取締役社長には、SYNNEXグループの創業者で前会長兼CEOのボブ・ファン氏が就任する予定。株式交換を機に、新会社はSYNNEXグループの世界的なネットワーックを活用し、「高付加価値で高品質の商品とサービスを提供する」としている。天野現社長の去就や社員の処遇、事業体をどのように継承するのかは不明。(谷畑良胤)