ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は11月30日、東海4県(静岡、愛知、岐阜、三重)北陸3県(石川、福井、富山)を営業エリアとする中部営業部を12月14日に新設すると発表した。また、営業部の新設にともない、愛知県名古屋市に名古屋支店を開設する。

 同社では、東海・北陸地区で営業活動を行っていたナゴヤピーシーエーから、11月1日に営業業務の移管を受け、営業部の新設準備を進めてきた。現在、東日本・西日本の2つの営業部体制で営業活動を展開しているが、今後は中部営業部を加えた3つの営業部で東海・北陸地区を始めとした全国のPCAソフトの導入企業、および販売パートナーに対するアフターフォローを含め、継続したシステム運用へのサービス提供を強化していく。

 また、販売パートナーに対しての営業支援を徹底し、東海・北陸地区におけるパートナー満足度を向上させるとともに、ソフトウェア販売の強化を目指す。さらに、これまではナゴヤピーシーエーが地域密着型での営業活動をしていたが、両社の経営資源の最適化を図り、東海・北陸地区における基幹業務システムの販売・導入を促進するとともに、国内におけるPCAソフトの一貫した販売・サポート支援体制を構築する。