ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は、中堅・中小企業向け基幹業務パッケージソフト「PCA 9 V.2R7シリーズ」を一新し、「PCA Xシリーズ」として、2011年2月から順次発売する。

 最新の開発技術で大幅な改良を実施。今回のシリーズからは、各種製品で、Microsoftのクラウドサービス「Windows Azure」に対応したドキュメント管理システム「PCA eDOC X」を無償提供する。

 基幹業務のクラウドサービス「PCA X for SaaS」は、11年8月以降に提供する予定。「PCA Xシリーズ」の発売後、クラウドサービス・パッケージソフトの新規導入や既存顧客のバージョンアップを含め、年間2万システムの販売を目指す。

 価格は、11年2月発売予定の「PCA会計X」が15万7500円から、「経理じまんX」が4万1790円。11年5月発売予定の「PCA給与X」が15万7500円から、「給与じまんX」が4万1790円。11年3月発売予定の「PCA商魂X」が21万円から、「PCA商管X」が21万円から、「売上じまんX」が7万1400円、「仕入じまんX」が7万1400円。