NTTソフトウェア(伊土誠一社長)は1月27日、経営情報を見える化し、迅速な意思決定を支援するBIソリューション「InfoCabina」のクラウド型サービス「InfoCabina Cloud BI」を、主に中堅企業向けに1月28日から販売開始すると発表した。

 「InfoCabina Cloud BI」は、パッケージでのBIソリューション導入に比べ、設備費用などの初期投資コストを始め、運用に関する作業負担や専門スキル要員の手配などのランニングコストを安価に抑えることができる。従来のパッケージを活用したシステム構築と比較して、導入時から3年間にかかるコストを最大約3/4に低減することが可能となる。

 また、BIソリューションにおいて同社が長年蓄積したノウハウをもとにした導入支援コンサルティングサービスも併せて提供する。BIを活用するための業務設計や分析方法を効率よく活用するためのサポートを行うことで、専任担当者を設置しなくても利用開始できる。

 価格は、初期導入費用が10万円、月額利用料が25万円から(30人程度の利用を想定)。同社では、今後3年間で20社への販売を目指す。