日立ソリューションズ(林雅博社長)は、コンテンツフィルタリングやメールセキュリティ機能など、複数のセキュリティ機能を搭載したアプライアンス「Messaging Gear」を2月14日に販売開始する。

 「Messaging Gear」は、米Sendmailが提供するメールシステムに関連したセキュリティ対策機能などを備えた「Sentrion」と呼ばれるソフトウェアを搭載したアプライアンス。顧客のネットワークやセキュリティ環境を事前にヒアリングし、事前設定しておくことで、迅速に利用できる状態で出荷できることが特徴。メールシステムの構築費用や期間を大幅に削減できる。

 また、メール流量制御機能や、万全なセキュリティ環境でメール配信を制御する機能、セキュリティメーカーのクラウドマークのスパム対策エンジンやマカフィーのウィルス対策エンジンなどを選択して利用することができる。

 価格はオープン。同社では、「Messaging Gear」を中小企業やISPの会員向けなどの大規模なメールシステムの構築を検討している企業を中心に販売する。