住商情報システム(SCS、中井戸信英会長兼社長)は、米Violin Memoryと半導体ストレージシステムの販売で代理店契約を締結し、同社の製品「V-3000シリーズ」の日本国内販売を始めた。

 「V-3000シリーズ」は、NAND型フラッシュ・メモリを利用した独自のメモリ・モジュール(VIMM)とハードウェアRAID機構(vRAID)で、3Uのきょう体に最大40TBの容量を持つ半導体ストレージアレイ。ハードウェアRAID機構は、メモリ・モジュールの活性保守を可能とし、エンタープライズ・クラスの信頼性・拡張性も実現している。

 外部接続用のインターフェイスとして、PCI Express、4Gb/8Gbファイバーチャネルをサポート。11年第1四半期には10Gビットイーサーネットおよびインフィニバンドにも対応する計画を示している。

 税別価格は、「Violin 3200シリーズ」が1420万円から、「Violin 3100シリーズ」が10160万円から。同社では、11年度で20億円の売り上げを目標としている。