住商情報システム(SCS、中井戸信英会長兼社長)は、自社開発した生産管理テンプレート「atWill Template(アットウィル テンプレート)」をもとに生産管理システムを低コスト・短納期で構築するサービスを提供開始した。

 「atWill Template」は、製造業のビジネスプロセスのなかでも、受注から資材の調達、製造、出荷までのフェーズを対応領域とし、販売管理や購買管理、生産管理、物流管理、原価管理をシステム化できるテンプレート。Windowsサーバーで稼動する。

 「atWill Template」をベースに、製造現場である工場のノウハウおよび現場の要望を取り入れ、さまざまな部品の組み合わせによりシステム構築することで、短期間・低コストで、顧客ごとの個別要件に適したシステムが可能になるという。

 作業工程の進捗状況の見える化として、製造、出荷、受入などの各作業工程の遅延状況をアラート表示する。このほか、工場活動における現場別の利益とコストの把握も可能で、現場管理者の迅速な判断を支援する。また、ウェブアプリケーションにおいて問題となるユーザーの操作性は、リッチクライアント技術を採用し、使い勝手の良さを提供する。