住商情報システム(SCS、中井戸信英会長兼社長)とティーガイア(木村政昭社長)は、12月14日、NTTドコモのタブレットPC「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」のビジネス利用を促進するクラウドサービスを提供開始すると発表した。

 両社が提供するクラウドサービスは、Google Appsの導入だけでなく、Google Apps利用時のセキュリティを強化するクラウド統合認証サービス「SCS CLIP IAS」や煩雑な端末調達を提供するもの。携帯電話販売会社最大手のティーガイアとGoogle Appsの大中規模企業向け販売パートナーであるSCSが連携することで、「GALAXY」とGoogle Appsを導入する際の窓口を一本化し、サービス提供までの期間を短縮する。