トランスウエア(松田賢代表取締役)は、メール誤送信防止製品の最新バージョン「Active! gate 2.5」を発売した。

 「Active! gate 2.5」では、メール送信者の上司(承認者)が承認がない場合、メールを送信できない「上司承認機能」をオプションで実装した。上司承認機能は、承認者の不在時に代理承認をする「不在代理者」と、承認者が一定時間内に承認しなかった場合に代理承認をする「代理者」を設定でき、ビジネスが中断しないように柔軟性を確保した。

 税別価格は、スタンダードライセンス(企業向け:50ユーザーライセンス)が27万円から、上司承認オプション(50ユーザーライセンス)が8万1000円から。アカデミックライセンス(文教向け:50ユーザーライセンス)が18万円から、上司承認オプション(50ユーザーライセンス)が5万4000円から。