ニュース

トランスウエア、Webメールサービスを「マネージドイントラネット」に提供

2010/11/02 10:21

 トランスウエア(松田賢代表取締役)は11月1日、ソニービジネスソリューション(花谷慎二代表取締役)bit-driveの仮想プライベート型クラウドサービス「マネージドイントラネット」に、「Active! mail 6」のビジネスWebメールサービスを提供開始したと発表した。

 「マネージドイントラネット」は、中堅・中小企業のコストと管理負担を削減し、サービスレベルを向上する次世代IT基盤。「仮想プライベート型クラウド」「マネージメントツールの提供」「拡張するアプリケーション」「マネージドルータ“DigitalGate”の提供」などの特長を備える。今回、「Active! mail 6」の豊富な販売実績や多彩な機能、セキュリティなどが評価され、オプションアプリケーションサービスとして採用された。

 「マネージドイントラネット」のWebメールサービスとして「Active! mail 6」が提供されることで、ユーザーは実績のある高機能なWebメールを安価に、かつ安全で快適に利用することが可能となる。
  • 1

関連記事

トランスウエア、高機能アンチスパム製品を新価格設定で提供

ディサークルとトランスウエア、ワークフローとWebメールの融合製品開発

トランスウエア、クラウド型メール誤送信防止サービスを開始へ、キャンペーンも

トランスウエア、ファーストサーバのクラウドサービスにアプリ提供

トランスウエア、「Active! mail 6」がNTTビズリンクに採用

外部リンク

トランスウエア=http://www.transware.co.jp/

ソニービジネスソリューション=http://www.sonybsc.com/

「Active! mail」=http://www.transware.co.jp/product/am6/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>