富士通(山本正已社長)は、3月8日、クラウドコンピューティングと関連サービスのユーザー向けの体感施設「富士通トラステッド・クラウド・スクエア関西」を、大阪市の大阪ビジネスに開設し、14日に運営を開始すると発表した。東京・港区の「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」に続き、全国で2拠点目となる。

 情報システム評価・検証施設「Platform Solution Center KANSAI Satellite」をリニューアルした施設で、施設内に(1)クラウド デモ・セミナーエリア(2)プラットフォームデモ・検証エリアを設けた。

 クラウド デモ・セミナーエリアでは、プライベートクラウドを支援する仮想化技術や、サーバー統合などのIT基盤の最適化と運用最適化、ネットワーク経由で利用するクラウドサービスなどのデモンストレーションやセミナーを実施する。

 プラットフォームデモ・検証エリアでは、IT基盤の検証などを通して、富士通のクラウド・コンピューティングをPRする。「PRIMERGY」「PRIMEQUEST」「ETERNUS」など、富士通のサーバー・ストレージを約50台設置し、技術・製品・サービス技術者が直接サポート。ユーザーは実機で検証できる。(木村剛士)