米シマンテック(エンリケ・セーラムCEO)はアジア地域に向けた慈善団体Give2Asiaを通じ、1000万円の義援金を寄贈した。同時に、全世界の従業員に募金を呼びかけ、従業員1人につき1000ドルを上限とし、会社が同額を寄贈する「Matching Gift Program」を実施する。

 また、社員に対して赤十字社などを通じた募金も呼びかけている。(鍋島蓉子)