ダイキン工業は、東日本大震災の被災者の救済や被災地の復興のため、義援金1億円と、支援物資として業務用空気清浄機、遠赤外線暖房機を提供する。

遠赤外線暖房機「セラムヒート」

 被災者に提供するのは、義援金1億円と業務用空気清浄機600台、遠赤外線暖房機「セラムヒート」500台。総額3億円強の支援となる。義援金と支援物資は、特定非営利活動法人「ジャパンプラットフォーム」に寄付する。また、ダイキンの従業員から募金を募り、被災地に義援金として贈る。

 同社は、井上礼之代表取締役会長兼CEOを本部長とする「災害対策本部」を3月12日に設置。今回の災害に対して、人命・安全・安心を最優先し、被災地の支援にグループ全体で取り組んでいく。