日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、東北地方太平洋沖地震と長野県北部地震によって被災した企業や団体を対象に、SaaS型のウェブオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」などを無償提供する。

 「HP Virtual Rooms」は、SaaS型のオンライン会議システム。ユーザーは特別な設備を準備することなく、インターネット接続環境とウェブブラウザがあれば、オンライン上での会議などを簡単に開催できる。災害救助法の適用地区にオフィス・取引先がある企業向けに、10月31日まで無償で提供する。

 このほか、x86サーバー「HP ProLiant MicroServer」150台とネットワークストレージ「HP StorageWorks X510 Data Vault」150台、サーバー監視ソフトウェア「HP SiteScope software」30ライセンスを無償提供する。(ゼンフ ミシャ)