日本ベリサイン(古市克典社長)とアイキューブドシステムズ(佐々木勉社長)は、iPhoneやiPad、Android搭載スマートフォン/スマートデバイスのセキュアなリモート管理を行う企業向け認証・管理サービス「ベリサインMDM powered by CLOMO」と、Google Appsなどのクラウドサービスにセキュアにアクセスする認証プラットフォーム「ベリサインGATE powered by CLOMO」を共同開発し、4月に販売を開始する。

 「ベリサインMDM powered by CLOMO」は、モバイル・デバイス・マネジメント(MDM)と電子証明書のシステムを統合したサービスで、両社が国内で初めて提供を開始するもの。

 主な機能は、スマートフォン/スマートデバイスに対するセキュリティ設定の強制やリモートワイプ、VPN接続認証などに利用できるユーザー/デバイス認証用電子証明書の遠隔インストールなど、企業がスマートフォンを安全に利用するために必要な一連の機能を統合的に提供する。スマートフォン/スマートデバイスの導入時の主要な課題だった認証強化と情報漏えい防止を解決し、管理者は管理者用画面ですべてのスマートフォン/スマートデバイスを一括して管理できる。

 一方「ベリサインGATE powered by CLOMO」はシングルサインオンで、PCやスマートフォン、スマートデバイスからGoogle Appsなどのクラウドサービスにアクセスする際に、二要素認証による高いセキュリティを提供するサービス。

 電子証明書やワンタイムパスワードによる強固な二要素認証を行い、認証結果をクラウドサービスに連携する。「ベリサイン GATE powered by CLOMO」を経由しないログインをクラウドサービス側で禁止することで、ログインに二要素認証を強制できる。

 「ベリサインMDM powered by CLOMO」の価格は、1デバイスあたり年間7200円(税別)から。「ベリサインGATE powered by CLOMO」の価格は、1ユーザーあたり年間7200円(税別)から。両サービスとも、1か月程度の短期間で導入することができる。(信澤健太)