ニュース

IDC、クラウド向けソフト市場、2015年にプライベートがパブリック上回る

2011/04/08 10:26

 IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測を発表した。

 IDCの予測によると、2015年の国内のパブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は2254億8000万円、プライベートクラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は2707億2400万円に達する。

 パブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は、2010年~2015年の年間平均成長率(CAGR)を19.0%と予測。ERMやCRMをはじめとするエンタープライズアプリケーションやコラボレーティブアプリケーションのSaaSに加え、PaaSとIaaSのサービス基盤向けソフトウェアの売上げ拡大が成長をけん引していくとする。

 2010年の国内ソフトウェア市場全体に占める割合は4.5%だが、2015年には9.5%を占めるまでに拡大するとみている。

 一方で、プライベートクラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は、2010年~2015年のCAGRを34.4%と予測。プライベートクラウド基盤の構築に必要な仮想化ソフトウェアやOS、システム運用管理ソフトウェアが市場の成長をけん引していくとする。このほか、プライベートクラウド上で稼働するエンタープライズアプリケーションやデータベースも大きく増加するとみている。

 2010年の国内ソフトウェア市場全体に占める割合は3.0%にとどまっているが、2015年には11.4%を占め、パブリッククラウドコンピューティング向けソフトウェア市場を上回る市場規模となる。(信澤健太)

国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測
  • 1

関連記事

2010年の国内クラウド市場は前年比45.3%増、成長率は11年がピーク、安定成長続く

立ち上がる SIerのクラウドビジネス

積乱雲湧き上がる「パブリッククラウド」 日本勢、渾身の反撃なるか

ITホールディングス 多様性重視、シェア狙う クラウド/SaaSの基本戦略に

アクセンチュア、各国のクラウド事情を調査、クラウド利用の勘どころを提言

外部リンク

IDC Japan=http://www.idcjapan.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>