キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、川崎正己社長)は、4月18日、企業向けにPCの省電力を支援するソフトウェア「HOME-ECO(ホームエコ)」を無償で公開した。同社ホームページからダウンロードできる。

 「HOME-ECO」は、リアルタイムにPCごとの消費電力を診断して最適な電源プロファイルを設定したり、使用状況をモニタリングして省電力モードの設定変更ができるソフト。導入前後の省エネ効果の比較や、今後予想される消費電力量を可視化することで、「節電に役立てられる」(キヤノンMJの沢田泰一HOME・インターネット企画課長)としている。

キヤノンMJの沢田泰一HOME・インターネット企画課長(写真左)と同課の石倉健氏

 キヤノンMJでは、節電機能を多面的に活用することで、消費電力を最大で約30%削減することが可能とみており、ユーザー企業の「節電に役立ててほしい」(HOME・インターネット企画課の石倉健氏)として、無償公開を決めた。

 東日本大震災による深刻な電力供給不足に対応するため、企業は各事業所の電力需要を可能な限り抑えることが求められている。とくに今夏のピーク時の瞬間最大電力を平年に比べ20~25%削減する方針が政府の電力需給対策に盛り込まれるなど、大規模な工場・オフィスをもつ企業は節電に取り組む必要がある。

 無償での利用期間は4月18日~6月30日を予定しており、今後の状況により期限を延長する可能性があるとしている。対応OSは、Windows XP、Vista、Windows 7。ダウンロードサイトはhttp://canon.jp/home/。(安藤章司)