イノベーション

浅田和則 社長
 アウトソーシングとグローバル対応サービスの二つを、2011年の重点施策とする。前者はデータセンター(DC)を積極的に活用することを想定しており、後者は国内外でシームレスなITサービスを顧客企業に提供できる体制づくりを目指すものだ。

 キヤノンMJアイティグループホールディングス(キヤノンMJ-ITHD)は、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)のITS事業を担う中核的な持ち株会社で、2010年4月1日に発足した。国内向けのキヤノン製品の販売事業はキヤノンMJが主に担い、キヤノンMJ-ITHDは国内外のITSを担うという役割分担をイメージしている。キヤノンMJ-ITHD傘下には、キヤノンITソリューションズやキヤノンソフトウェアなどグループのITS系の主要事業会社があり、中国・上海にある現地法人、佳能控制系統も含まれている。2012年秋には、約150億円を投じて都内に建設準備を進めている最新鋭DCが竣工する予定であり、サービス基盤がよりいっそう強化される。

 今、ユーザー企業は、クラウドなどDCを活用した最新のサービス型のITシステムや、国内外でのシームレスなITサポートを必要としている。当社は、こうしたニーズへの対応に加え、これまで培ってきた業種ノウハウやドキュメント関連システム、組み込みソフト、あるいはキヤノン本体の製造業としての知見を生かすなどしてイノベーションを推進し、ビジネスを伸ばす。