日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、ITの移設を支援する「HP移設サービス」を発表した。データセンター(DC)の移設に伴うIT機器の移動をはじめ、ITシステム環境の移行も含めた移設プランの策定から移設実働までをカバー。迅速で円滑なDCの移設を実現する。

 大規模DCの移設に向けた「移設プランニングサービス」と、小規模から大規模までの移設実作業を行う「移設サービス」を用意。顧客の要望に応じて、拡張サービスも提供する。

 拡張サービスの一つとして、他社製ハードウェアに対応した保守メンテナンスサービス「Integrated Multi Vender Service」の提供を開始した。DC移設・統合後の異機種が混在する環境での保守窓口をHPコールセンターに集約し、契約窓口も一本化することで、障害の切り分けから修復作業までをワンストップで提供する。これによって、マルチベンダー環境でのコストを大幅に削減することができる。

 価格は「移設プランニングサービス」が157万5000円、「移設サービス」が1ラック52万5000円。(鍋島蓉子)