組み込み技術分野の人材育成・教育支援を行うサートプロ(近森満CEO)と、eラーニングを手がけるイーラーニング(松崎剛代表取締役)は、Android 技術者認定試験制度に準拠し、クラウド環境での演習を含んだeラーニング教材「Androidプログラミングイーラーニング」の販売を5月10日に開始した。

 「Androidプログラミング イーラーニング」は、教室での授業をできる限り再現することをコンセプトに開発。講師は、業界団体のOpen Embedded Software Foundation(OESF)の公認トレーナーである奥崇氏が務める。ホワイトボードに見立てた画面に、講師が大切なポイントを示しながら講義を行う方法で、教室での授業を再現している。 

クラウド方式のeラーニング「Androidプログラミング イーラーニング」のイメージ

 Android 技術者認定試験制度は、OESFが主催するAndroid技術者の認定試験。プログラミングの演習環境をインターネット上に整備し、24時間、都合のいい時間に30時間の範囲で利用できるクラウド方式を採用している。価格は3万2000円 (消費税込み3万3600円)。(安藤章司)