ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、「Cloud ISLE」ブランドで展開するクラウドコンピューティングサービスにストレージサービス「NAS Plus」を追加し、5月11日に提供を開始した。

 「NAS Plus」は、サーバーオンデマンドNEXTやコロケーションサービスなど、ビットアイルのデータセンター(DC)内にあるシステムから接続できる共用NAS領域を提供するサービス。これによって、ビットアイルDC内でシステムを運用する企業は、高信頼性の大容量ストレージ領域を、大きな初期投資をすることなく利用できる。

 1TBから最大15TBまで(契約単位1TB)必要量を月額課金で利用できる。最短3営業日の納期によって、急な容量追加に対応。また、最低利用期間が1か月のため、短期プロモーションやシステム移設にともなうデータバックアップなどの短期用途に活用することができる。

 税別価格は、初期費用が5万円、月額費用が8万円(1TBあたり)。