香川県警生活環境課と高松南署は、5月20日、権利者に無断で複製されたものと知りながらコンピュータソフトの海賊版を入手し、業務で使用していた広告会社と同社社長の男性(61歳)を、著作権法違反の疑いで書類送検した。男性は容疑を認めている。

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS、辻本憲三理事長)が発表したところによると、男性は昨年5月28日頃から12月28日までの間、アドビシステムズの「Adobe Photoshop CS2 Premium日本語版」の海賊版をそれと知りながら入手し、従業員のパソコンにインストールして業務で使用していた。ACCSは香川県警から相談を受け、著作権者に連絡した。(ゼンフ ミシャ)