独SAPと米マイクロソフトは、SAPのソフトウェア製品とMicrosoftの仮想化・クラウドコンピューティング技術の統合を強化する計画を発表した。アプリケーション開発プロセス全体を簡素化することによって、.NET開発者がより簡単に、SAPソフトウェア製品のビジネスプロセスを利用・拡張できるようにする。

 具体的には、SAP製品と「Visual Studio」「.NET Framework」の今後のバージョンとの密接な統合によって、開発生産性の飛躍的な向上とコストを削減するために協力していく。また、「Windows Azure」用の新しいソフトウェア開発キット(SDK)で「SAP NetWeaver Gateway」を拡張。「.NET」開発者が「Windows Azure」用のプライベート、あるいはパブリックのクラウドべースのアプリケーションを開発し、オンプレミスのSAPシステムに接続できるようにする。

 このほか、SAPが今後発表するランドスケープ管理ソフトウェアと「Microsoft System Center」「Microsoft Windows Server Hyper-V」技術を統合する方針だという。将来は、「Windows Azure Platform」上にSAPアプリケーションを導入できるよう、協業を予定している。(信澤健太)