ニュース

TISとSAPジャパンがBIで協業、グローバルのOEM契約を締結

2011/04/19 10:26

 ITホールディングスグループのTIS(桑野徹社長)と、SAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)は、ビジネスインテリジェンス(BI)の新サービスで協業することを発表した。

 TISとSAPジャパンは、「SAP BusinessObjects BI Solutions」に関するOEMライセンス販売のグローバル契約を締結し、TISはSAPのBIソリューションを標準で採用する新サービス「TIS All-in-One BIパック」を、今月発売する。

 「TIS All-in-One BIパック」は、「SAP BusinessObjects BI Solutions」とTISのBIソリューションを組み合わせ、ハードとソフト、導入サービスをセットにしたアプライアンス型ソリューション。導入から活用までの構築期間は最短3週間で、価格は最小構成で約300万円から。

 SAPジャパンは、TISに対して「TIS All-In-One BIパック」の開発と導入を支援する。また、TISが海外に「TIS All-in-One BIパック」を販売する際には、各国で営業・マーケティング業務を支援する。

 TISは、「SAP BusinessObjects BI Solutions」を活用したBIソリューションの提供を1996年に開始していた。(木村剛士)
  • 1

関連記事

ITホールディングスのTISとソラン、ユーフィットが合併へ

ITホールディングスグループのTIS、東京・御殿山DCの開所式を開催

SAPジャパン、BI製品の試用版を富士通の法人向けPCにバンドル

NECとSAPジャパン、BIで協業、「EXPLANNER」に「BusinessObjects」を実装

外部リンク

TIS=http://www.tis.co.jp/

SAPジャパン=http://www.sap.com/japan/index.epx

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>