NEC(遠藤信博社長)とSAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)は、ビジネスインテリジェンス(BI)領域での協業契約を締結した。

 協業で、NECの中堅企業向けERP(統合基幹業務システム)「EXPLANNER」シリーズに標準BI機能として、SAPジャパンの「SAP BusinessObjects Business Intelligence(BI)solutions」を搭載することになった。ERPパッケージソフトウェアに「SAP BusinessObjects BI solutions」を標準搭載するのは、国内で初めて。

 具体的には、「SAP BusinessObjects Explorer」と「SAP Crystal Dashboard Design, departmental editio」「SAP BusinessObjects Web Intelligence」「SAP Crystal Reports」の四つの主要機能を標準搭載する。SaaS型の「EXPLANNER for SaaS」にも「SAP BusinessObjects BI solutions」のBI機能を追加する予定。

 NECは、「SAP BusinessObjects BI solutions」を標準で搭載した「EXPLANNER」シリーズを、今後3年間で2000社の中堅企業に対し販売する目標を掲げている。

 NECはこれまで、「SAP BusinessObjects BI solutions」を用いたシステムで、300社以上の構築実績を有している。