NECは6月9日、アジア最大級のネットワーク・コンピューティングイベント「Interop Tokyo 2011」の「Best of Show Award」において、同社のネットワーク製品「UNIVERGE PFシリーズ(プログラマブルフロー)」が、2部門でグランプリ、1部門で特別賞を受賞したと発表した。

 今回グランプリを受賞したのは、「ソリューション&サービス部門-ネットワークソリューション」と「ShowNetプロダクト部門」の2部門。また、「ShowNetデモンストレーション部門」で特別賞を受賞した。

 「UNIVERGE PFシリーズ」は、世界で初めて、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応したネットワーク製品。通信負荷の増大や障害を検出し、最適な通信経路を自動的に選択することができるため、エンドユーザーは、高品質で安定した様々なサービスを利用できる。また、企業やデータセンターのネットワーク構成をシンプル化し、かつ効率的に運用することができ、従来のネットワーク機器で構成した場合と比べ、初期導入コストや運用コストを大幅に削減することが可能となる。