米ネットスイートとNECは、クラウドERPソリューションをグローバル展開する企業に向けて拡販することを目的に、戦略的グローバル・パートナーシップを締結した。

 両社は、グローバルセールスやカスタマイズ、統合、サポートなどの広範囲で協業する。NECは、「Enterprise Gateway for NetSuite」を提供し、クラウドとレガシーシステムを連携する2層ERPソリューションのニーズに対応する。

 「Enterprise Gateway for NetSuite」は、ネットスイートのグローバル企業向けクラウド・ビジネス管理プラットフォーム「NetSuite OneWorld」を、SAPのような既存のミッションクリティカルなシステムとシームレスに統合するソリューション。企業は、従来のオンプレミス型ERPに比べ、低コスト・短期間で導入できるという。

 ネットスイートのザック・ネルソン社長兼CEOは、「2層ERPへの取り組みで既存システムの能力と価値を維持し、実装コストとメンテナンス時間を低減・短縮しながら、最新のクラウドコンピューティング技術の標準化が可能になる」とコメントした。両社は、今後3年間で数十万ライセンスの販売を目指す。(信澤健太)