NECは、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter(VPCC)」を強化し、「VPCC4.0」として6月9日に発売した。

 今回の強化は、サーバー上の仮想PCとシンクライアント端末間の通信を中継する「セッション管理機能」を拡充するもの。従来、仮想PCに接続するためには、専用の接続モジュールを搭載した端末を利用する必要があった。「VPCC4.0」では、「セッション管理機能」の強化により、自社製のシンクライアント端末に加えて、Webブラウザを搭載した汎用端末からでも仮想PCに接続することが可能となった。

 また、Citrix社のXenDesktopとの連携機能を独自に開発し、同一の仮想PCに対して、RDP/ICAのどちらの接続プロトコルからでもアクセスできるようにした。ユーザーは、利用環境に応じて柔軟にプロトコルを選択でき、「VPCC」の高度な運用管理性を維持しながら利便性を向上できる。

 税別価格は、1クライアントあたりの初期導入コストが7万2000円から。出荷開始は6月30日の予定。