富士通は、このほど電子メールの誤送信対策サービス「FENCE メール誤送信対策サービス(SaaS型)」を発売した。

 「FENCE メール誤送信対策サービス(SaaS型)」は、メール送信時にメールの内容を自動的に監査し、「問題あり」と判定したメールを自動的に中断、または保留する。「問題なし」と判定されたメールだけをメール本文や添付ファイルを自動的にパスワード付き形式に変換する。これによって、既存のメール環境を大きく変更することなく、簡単・確実にメールの情報漏えい防止策を施すことができる。

 設定したメール監査ルールに則して、メールの本文や添付ファイル中の機密情報、個人情報関連の語句を自動的に検査。さらに、メールログ分析情報によって、暗号化せずに外部にメールを送信していないか、メールが頻繁に保留されたり、承認者(上長など)により頻繁に否決されていないか、クレジットカード会員データなど不適切な情報が含まれていないか、などのメール運用の現状を可視化することができる。

 税別価格は、「初期設定サービス」が10万円/メールドメイン、「基本利用サービス」が月額2000円/10メールアドレス。オプショナルサービスは、「設定変更支援サービス」が10万円、「ログ提供サービス」が月額5万円。