ミラポイントジャパン(ミラポイント、湯佐嘉人社長)は、メールセキュリティアプライアンスサーバー「Mirapoint RazorGate(RazorGate)」の全モデルに、送信者検疫のためのSMTPレイヤプロテクション「MailHurdle」を標準搭載した。

 「RazorGate」は、各セキュリティ機能とメール配信機能(MTA)を統合したメールセキュリティアプライアンス。「送信者検疫」「ウイルス対策」「スパム対策」「ポリシー実施」の4つのレイヤで、各セキュリティ機能が段階的に働く「マルチレイヤープロテクション」構造が特徴で、ウイルスやスパムフィルタなどの各種セキュリティ機能を、システム構成・導入形態に応じて選択して導入できる。

 「MailHurdle」は、マルチレイヤの最初に位置する送信者検疫の段階で、送信者の信憑性を評価する、グレイリスティング方式に基づくフィルター・スパム対策で、メール自体のフィルタリングを行う前段階で不要なメールをブロックする。また、ネットワークの入口で不要なトラフィックを削減できるため、ネットワークリソースの浪費を防ぎ、フィルタリングするメール量を激減することも可能だ。

 これまで「MailHurdle」は、ユーザーの選択で「RazorGate」に搭載する機能として250万円で販売していたが、価格据え置きで「RazorGate」に標準搭載する。「RazorGate」の税別価格は174万6500円から。