ディアイティ(dit、下村正洋社長)は6月22日、米ワイルドパケッツのLANアナライザ「OmniPeekシリーズ」の新版「OmniPeek 6.6」を7月1日に発売すると発表した。

 「OmniPeek」は、高速ネットワークから音声、メディア、無線LANまでのプロトコルを一つのソフトでリアルタイムに解析できるLANアナライザ。新版では、従来プラグインとして提供していた、重要データの統計情報をダッシュボード表示し、そのダッシュボード表示から直接詳細パケット情報にドリルインできる「コンパス機能」を標準装備した。

 また、無線LANプロトコルの解析では、業界初のIEEE802.11nの3ストリームキャプチャを実現するとともに、要望の高かったUSBアダプタの利用に対応することで、無線LANの複数チャンネルの同時キャプチャを実現し、ローミング時の解析が容易になった。さらに、Wi-Fi Directのデコードもサポートしているため、スマートフォンやタブレットを利用した無線LAN環境の通信解析やトラブル解析も可能としている。

 VoIP解析では、リアルタイムに統計情報、音声品質を表示するCDR(Call Date Record)機能を追加し、音声通信の100%可視化を実現した。このほか、従来までは1000コールに限定されていたオープンコールの同時解析を、デフォルトで2倍の2000コールに拡充している。

 税別価格は、「OmniPeek Basic」が21万8000円、「OmniPeek Professional」が42万8000円、「OmniPeek Enterprise」が108万円、「OmniPeek Subscription」が68万円。